World
簡単な世界観説明

「そちらの星」とよく似た、ある星が舞台。
長い間ヒト同士が大ゲンカをしあっているうちに、一度世界が滅んでいます。


というのも厳密に滅んだのは「ヒト」そのものでした。
長く星を傷つけてきた「ヒト」がこの世からいなくなった事は、皮肉にも星にとって救いとなりました。



生き残った動物達は数を増やし、突然変異したり、急成長というか急進化を遂げていきました。

ヒトはいなくなってしまったけれど
小鳥たちは小鳥たちの意思で歌を歌い、世界を讃美し、空を舞う。



そんな舞台です。

言語のはなし

     * 「おはなし」にもどる *


inserted by FC2 system